東京大学医学部附属病院 心療内科

受賞

ACPM2018 Best Presentation Award受賞

ACPM2018

大学院生の山崎允宏先生が、ACPM2018(ソウルで開催)で、Best Presentation Awardを受賞しました!

研究・業績(英文、2014年以降)

(Full Refereed Publications)

Harashima S, Yoneda R, Horie T, Fujioka Y, Nakamura F, KurokawavM, Yoshiuchi K. Psychosocial Assessment of Candidates for Transplantation scale (PACT) and survival after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Bone Marrow Transplantation (in press)

Choa S, Park S, Takahashia S, Yoshiuchi K, Shephardc RJ, Aoyagia Y. Changes in and Interactions between Physical and Mental Health in Older Japanese: the Nakanojo Study. Gerontology (in press)

Shibayama O, Yoshiuchi K, Inagaki M, Matsuoka Y, Yoshikawa E, Sugawara Y, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Ogawa A, Uchitomi Y. Long-term influence of adjuvant breast radiotherapy on cognitive function in breast cancer patients treated with conservation therapy. International Journal of Clinical Oncoloy (in press)

Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y. Acoustic hyper-reactivity and negatively skewed locomotor activity in children with autism spectrum disorders: an exploratory study. Frontiers in Psychiatry (in press)

Shimizu E, Nakamura T, Kim J, Yoshiuchi K, Yamamoto Y. Application of empirical mode decomposition to mother and infant physical activity: synchronization of circadian rhythms is associated with maternal mental health. Methods Inf Med (in press)

Hiraide M, Harashima S, Yoneda R, Otani M, Kayano M, Yoshuchi K.Longitudinal course of eating disorders after transsexual treatment: a report of two cases. BioPsychoSoc Med 11:32, 2017

Yasui H, Iwase S, Ariyoshi K, Nojima M, Yoshiuchi K. Decline of physical activity in terminally ill patients could be useful for predicting short-term survival. Am J Hosp Palliat Care (in press)

Moriya J, Kayano M, Yoshiuchi K. Impact of a new medical network system on the efficiency of treatment for eating disorders in Japan: a retrospective observational study. BioPsychoSoc Med 11:27, 2017

Matsuoka H, Yoshiuchi K, Koyama A, Makimura C, Fujita Y, Tsurutani J, Sakai K, Sakamoto R, Nishio K, Nakagawa K. Expectation of a decrease in pain affects the prognosis of pain in cancer patients: A prospective cohort study of response to morphine. Int J Behav Med 24:535-541, 2017

Harashima S, Yoneda R, Horie T,Kayano M, Fujioka Y, Nakamura F, Kurokawa M, Yoshiuchi K*. Development of the Japanese version of the Psychosocial Assessment of Candidates for Transplantation in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Psychosomatics 58:292-298, 2017

Fukui S, Morita T, Yoshiuchi K. Development of a clinical tool to predict home death of a discharged cancer patient in Japan: a case-control study. Int J Behav Med 24:584-592, 2017

Inoguchi H, Shimizu K, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y. Screening for Untreated Depression in Cancer Patients: A Japanese Experience. Jap J Clin Oncol (in press)

Foo JC, Nagase K, Naramura-Ohno S, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Morita K. Rank Among Peers During Game Competition Affects the Tendency to Make Risky Choices in Adolescent Males. Front Psychol 8:16, 2017

Horie T, Harashima S, Yoneda R, Hiraide M, Inada S, Otani M, Yoshiuchi K*. Case series of patients with anorexia nervosa using “tube vomiting”. BioPsychoSoc Med 10:32, 2016

Kuroki T, Ishitobi M, Kamio Y, Sugihara G, Murai T, Motomura K, Ogasawara K, Kimura H, Aleksic B, Ozaki N, Nakao T, Yamada K, Yoshiuchi K, Kiriike N, Ishikawa T, Kubo C, Matsunaga C, Miyata H, Asada T, Kanba S. Current viewpoints on DSM-5 in Japan. Psychiatry Clin Neurosci 70:371-93, 2016

Shimazu A, Tsutsumi A, Yoshiuchi K. Editorial: Behavioral Medicine in the Asia Pacific. Int J Behav Med 23:393-394. 2016

Yoshiuchi K. How can psychosomatic physicians contribute to behavioral medicine? BioPsychoSoc Med 10:8, 2016

Inada S, Yoshiuchi K, Iizuka Y, Ohashi K, Kikuchi H, Yamamoto Y, Kadowaki T, Akabayashi. A Pilot study for the development of a self-care system for type 2 diabetes patients using a personal digital assistant (PDA). Int J Behav Med 23:295-299, 2016

Okamoto Y, Fukui S, Yoshiuchi K, Ishikawa T. Do symptoms among home palliative care patients with advanced cancer decide the place of death? Focusing on the presence or absence of symptoms during home care. Journal of Palliative Medicine 19:488-495, 2016

Fujisawa D, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Inoue S, Ogawa A, Okuyama T, Akechi T, Mimura M, Shimizu K, Uchitomi Y. The impact of depression on health utility value in cancer patients. Psycho-Oncology 25:491-495, 2016

Mizukoshi A, Kumagai K, Yamamoto N, Noguchi M, Yoshiuchi K, Kumano H, Yanagisawa Y. n-situ real-time monitoring of volatile organic compound exposure and heart rate variability for patients with multiple chemical sensitivity. International Journal of Environmental Research and Public Health 12:12446-12465, 2015

Wada S, Shimizu K, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y, Matsushima E. The association between depression and age in cancer patients: a multicenter cross-sectional study. Journal of Pain and Symptom Management 50:768-777, 2015

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Ando T, Yamamoto Y. Influence of psychological factors on acute exacerbation of tension-type headache: investigation by ecological momentary assessment. J Psychosom Res 79:239-242, 2015

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yoshiuchi K, Sasaki T, Yamamoto Y. Co-Variation of Depressive Mood and Spontaneous Physical Activity in Major Depressive Disorder: Towards Continuous Monitoring of Depressive Mood. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics 19:1347-1355, 2015

Hashimoto T, Yoshiuchi K, Inada S, Shirakura K, Wada N, Takeuchi K, Matsushita M. Physical activity of elderly patients with rheumatoid arthritis and healthy individuals: an actigraphy study. Biopsychosoc Med 9:19, 2015

Shimizu K, Nakaya N, Saito-Nakaya K, Akechi T, Fujimori M, Ogawa A, Fujisawa D, Sone T, Yoshiuchi K, Ooshima Y, Inoguchi H, Goto K Iwasaki M, Tsugane S, Uchitomi Y. Personality traits and coping styles explain anxiety in lung cancer patients to a greater extent than other factors. Jap J Clin Oncol 45:456-463, 2015

Odawara M, Hashizume M, Yoshiuchi K, Tsuboi K. Real-time assessment of the effect of biofeedback therapy in Japanese patients with migraine: a pilot study. Int J Behav Med 22:748-754, 2015

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Inada S, Ando T, Yamamoto Y. Development of an ecological momentary assessment scale for appetite. BioPsychoSoc Med 9:2, 2015

Matsuoka H, Yoshiuchi K, Koyama A, Otsuka M, Nakagawa K. Chemotherapeutic drugs that penetrate the blood-brain barrier affect the development of hyperactive delirium in cancer patients. Palliat Support Care 13:859-864, 2015

Takimoto Y, Yoshiuchi K, Ishizawa T, Yamamoto Y, Akabayashi A. Autonomic dysfunction responses to head-up tilt in anorexia nervosa. Clin Auton Res 24:175-181, 2014

Fukui S, Yoshiuchi K, Fujita J, Ikezaki S. Determinants of financial performance of home-visit nursing agencies in Japan. BMC Health Serv Res 14:11, 2014

Shibayama O, Yoshiuchi K, Inagaki M, Matsuoka Y, Yoshikawa E, Sugawara Y, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Ogawa A, Akabayashi A, Uchitomi Y. Association between adjuvant regional radiotherapy and cognitive function in breast cancer patients treated with conservation therapy. Cancer Med 3:702-709, 2014

Takimoto Y, Yoshiuchi K, Shimodaira S, Akabayashi A. Diamine oxidase activity levels in anorexia nervosa. Int J Eat Disord 47:203-205, 2014

Ishikawa Y, Fukui S, Saito T, Fujita J, Watanabe M, Yoshiuchi K. Family preference for place of death mediates the relationship between patient preference and actual place of death: A nationwide retrospective cross-sectional study. PLoS ONE 8:e56848, 2013

Fukui S, Fujita J, Yoshiuchi K. Associations between Japanese people's concern about family caregiver burden and preference for end-of-life care location. J Palliat Care 29:22-28, 2013

Fukui M, Iwase S, Sakata N, Kuroda Y, Yoshiuchi K, Nakagawa K, Quinn K, Hudson PL. Effectiveness of using clinical guidelines for conducting palliative care family meetings in Japan. Support Care Cancer 21:53-58, 2013

(Proceedings)

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y. Co-variation of depressive mood and spontaneous physical activity evaluated by ecological momentary assessment in major depressive disorder. Conference Proceedings - IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2014, 6635-6638, 2014

(Book chapters)

Shimizu K, Yoshiuchi K, Onishi H. Treatment of Anxiety and Stress-Related Disorders. Psychopharmacology in Oncology and Palliative Care, Springer, 129-144, 2014

Yoshiuchi K. Momentary measurement of psychosocial factors. (In: Psychosocial Factors at Work in the Asia Pacific, Dollard MF, Shimazu A, Nordin RB, Brough P, Tuckey MR, editors. Springer, London, pp. 117-126, 2014.)

(国際学会発表)

Matsuda Y, Maeda I, Morita T, Atagi S, Tokoro A, Iwase S, Ogawa A, Yoshiuchi K. Precipitating Factors Associated with Improvement and Resolution of Delirium in Cancer Patients Receiving Antipsychotic. The 20th World Congress of Psycho-Oncology and Psychosocial Academy 2018.11.1 (Hong Kong)

Yamazaki T, Miyamoto S, Hiraide M, Yoneda R, Harashima S, Horie T, Inada S, Otani M, Yoshiuchi K. Proposal of BMI cut-off point for refeeding syndrome in Japanese eating disorder patients. The 18th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine 2018.8.24-26 (Seoul, South Korea) (The Best Presentation Award)

Horie T. Development of Computerized Adaptive Tests for Mood States. (Symposium) The 18th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine 2018.8.24-26 (Seoul, South Korea)

Hiraide M. Applying IoT for Ecological Momentary Assessment in the Industrial Fields. (Symposium) The 18th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine 2018.8.24-26 (Seoul, South Korea)

Yamazaki T, Miyamoto S, Hiraide M, Yoneda R, Harashima S, Horie T, Inada S, Otani M, Yoshiuchi K. Risk factors for refeeding syndrome in underweight Japanese patients with eating disorders: possible influence of mood states. 76th Annual Scientific Meeting of the American Psychosomatic Society 2018.3.10 (Louisville, USA)

Miyamoto S, Harashima S, Yoneda R, Hiraide M,Otani M,Yoshiuchi K. Influence of pre-transplant stress coping style on post-transplant overall survival in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation recipients with hematologic malignancies.76th Annual Scientific Meeting of the American Psychosomatic Society 2018.3.7 (Louisville, USA)

Matsuda Y, Maeda I, Morita T, Ariyoshi K, Tokoro A, Iwase S, Ogawa A, Yoshiuchi K. Factors associated with improvement and resolution of delirium in cancer patients receiving antipsychotics: A multicenter prospective observational study. PaCCSC 9th Annual Research Forum 2018.2.27 (Sydney, Australia)

Yoshiuchi K. Psychosocial factors and depression and cancer prognosis. (Symposium) Asia-Pacific Cancer Conference 2017 2017.6.23 (Seoul, South Korea)

Yoshiuchi K. Application of ecological momentary assessment in behavioral medicine research. Chonnam University Medical School 2017.6.22 (Gwangju, South Korea)

Kato A, Yoshiuchi K, Fujimaki Y, Fujimori S, Kobayashi Y, Yamada T, Kobayashi M, Izumida Y, Suzuki R, Kadowaki T. Facilitators of Self-Worth in Patients with Type 2 Diabetes: Qualitative Study. 77th Scientific Sessions of American Diabetes Association 2017.6.9-13 (San Diego, USA)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Kim J, Tomita Y, Yamamoto Y, Ando T. Development of a comprehensive stress rating scale for ecological momentary assessment: its within-individual psychometric properties. 75th Annual Scientific Meeting of American Psychosomatic Medicine 2017.3.17 (Sevilla, Spain)

Hiraide M, Horie T, Takakura S, Hata T, Sudo N, Yoshiuchi K. Development of the Japanese version of the Fear of Food Measure. International Congress of Behavioral Medicine 2016 2016.12.8-10 (Melbourne, Australia)

Horie T, Hiraide M, Takakura S, Hata T, Sudo N, Yoshiuchi K. Development of the Japanese version of the ClinicalImpairment Assessment Questionnaire. International Congress of Behavioral Medicine 2016 2016.12.8-10 (Melbourne, Australia)

Odawara M, Motoya R, Yoshiuchi K, Tsuboi K, Hashizume M. Development of causal model between headache and QoL including mediating/moderating factors in primary headache patients. International Congress of Behavioral Medicine 2016 2016.12.8-10 (Melbourne, Australia)

Inada S, Iizuka Y, Ohashi K, Kikuchi H, Yamamoto Y, Kadowaki T, Yoshiuchi K*. Preceding psychological factors and calorie intake in patients with Type 2 Diabetes: Investigation by Ecological Momentary Assessment. 8th International Workshop on Biosignal Interpretention 2016.11.1-3 (Osaka, Japan)

Shimizu E, Nakamura T, Kim J, Yoshiuchi K, Yamamoto Y. Application of empirical mode decomposition to mother and infant physical activity: synchronization of circadian rhythms is associated with maternal fatigue, stress and mood states. 8th International Workshop on Biosignal Interpretention 2016.11.1-3 (Osaka, Japan)

Takahashi K, Fujita M, Yoshiuchi K, Nangaku M. Challenges in implementing preemptive medicine in Japan: case series of inherited tumor syndromes predisposing to pheochromocytoma and paraganglioma. 17th International Congress of Endocrinology 2016.8.31-9.4 (Beijing, China)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Kim J, Yamamoto Y, Ando T. The association between energy intake and momentary depressive mood and its interaction with avoidance coping: a study by using ecological momentary assessment and an electronic diary. International Conference on Eating Disorders 2016 2016.5.6 (San Francisco, USA)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Kim J, Yamamoto Y, Ando T. Situational and psychological factors are associated with energy intake in daily lives: a study by using ecological momentary assessment and a food diary. 74th Annual Scientific Meeting of American Psychosomatic Medicine 2016.3.10 (Denver, USA)

Moriya J, Takimoto Y, Yoshiuchi K. Factors of dropouts from outpatient treatment for eating disorders; based on questionnaire survey to dropout patients. 23rd World Congress on Psychosomatic Medicine 2015.8.22 (Glasgow, UK)

Kim J, Togo F, Shimura H, Yasunaga A, Nakamura T, Yoshiuchi K, Yamamoto Y. Associations between spontaneous physical activity and mood states in older adults: an ambulatory assessment approach in daily life. 4th Conference of the Society for Ambulatory Assessment 2015.6.25 (State College, USA)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Ando T. Change in psychological states after meals and food intake: investigation by using electronic food diary and ecological momentary assessment. 73rd Scientific Annual Meeting of American Psychosomatic Society 2015.3.20 (Savannah, USA) <Psychosomatic Medicine 2015;77:A73>

Shibayama O, Yoshiuchi K, Inagaki M, Matsuoka Y, Yoshikawa E, Sugawara Y, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Ogawa A, Akabayashi A, Uchitomi A. Association between adjuvant regional radiotherapy and cognitive function in breast cancer patients treated with conservation therapy. 16th World Congress of Psycho-Oncology 2014.10.24 (Lisbon, Portugal)

Takimoto Y, Yoshiuchi K. Cancer cases in clinical ethics consultation. 16th World Congress of Psycho-Oncology 2014.10.22 (Lisbon, Portugal)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Ando T. Situational and psychological factors are associated with food intake independently. 13th International Congress of Behavioral Medicine 2014.8.21 (Groningen, Netherland)

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Tomita Y, Ando T. Development of comprehensive stress rating scale for ecological momentary assessment: preliminary analysis by item response theory. 72nd Scientific Annual Meeting of American Psychosomatic Society 2014.3.13 (San Francisco, USA) <Psychosomatic Medicine 2014;76:A32>

Horie T, Yoshiuchi K, Takimoto Y, Nannya Y, Kurokawa M, Akabayashi A. Psychosocial risk factors for depression in patients with hematological malignant diseases who were going to receive hematopoietic stem cell transplantation. 15th World Congress of Psycho-Oncology 2013.11.6 (Rotterdam, Netherlands)

Yoshiuchi K, Inada S, Azuma A, Takimoto Y, Iizuka Y, Ohashi K, Kikuchi H, Yamamoto Y, Kadowaki T, Akabayashi A. Influence of psychological factors on calorie intake in natural settings in type 2 diabetes patients: a 6-month computerized ecological momentary assessment study. 71st Scientific Annual Meeting of American Psychosomatic Society 2013.3.15 (Miami, USA) <Psychosomatic Medicine 2013;75:A115>

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Inada S, Yamamoto Y, Ando T. Ecological momentary assessment of appetite and its relation to psychological factors. 71th Scientific Annual Meeting of American Psychosomatic Society 2013.3.15 (Miami, USA) <Psychosomatic Medicine 2013;75:A108>

Takimoto Y, Yoshie S, Yoshiuchi K, Akabayashi A. The psychological impact of deathwatch on staffs in Japanese fee-charging nursing homes. 71th Scientific Annual Meeting of American Psychosomatic Society 2013.3.15 (Miami, USA) <Psychosomatic Medicine 2013;75:A130-131>

研究・業績(和文、2014年以降)

(原著・症例報告)

米田良、平出麻衣子、宮本せら紀、木田史彦、原島沙季、堀江武、松岡美樹子、稲田修士、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩. 神経性やせ症の治療に院内学級を利用した2例. 日本心療内科学会誌 21(4): 161-165, 2017

志村広子、中村亨,、金鎭赫、菊地裕絵、吉内一浩、山本義春. 勤労者の日常生活下における行動、心理、生理、環境情報の統合連続モニタリングと大規模データベースの利活用. ヒューマンインターフェイス学会論文誌 19:163-174, 2017

松岡美樹子、原島沙季、米田良、柴山修、大谷真、堀江武、山家典子、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 知能検査の施行が治療方針変更に有用であった神経性過食症患者の一例. 心身医学 56:52-57, 2016

柴山修、堀江武、樋口裕二、大谷真、石澤哲郎、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. SSRIと認知行動療法の併用療法が奏功した強迫性障害を主たる病態とした特定不能の摂食障害の一例. 心身医学55:432-438, 2015

日本行動医学会行動医学コアカリキュラム作成ワーキンググループ、網谷真理恵、石川善樹、乾明夫、井上茂、島津明人、諏訪茂樹、津田彰、堤明純、坪井康次、中尾睦宏、中山健夫、端詰勝敬、吉内一浩. 医学部教育における行動科学カリキュラムの提案. 医学教育 46:37-40, 2015(掲示板、査読有り)

堤明純、石川善樹、乾明夫、井上茂、島津明人、諏訪茂樹、津田彰、坪井康次、中尾陸宏、中山健夫、端詰勝敬、吉内一浩、日本行動医学会行動医学コアカリキュラム作成ワーキンググループ. 医学部卒業時に求められる行動科学に関するコンピテンシー. −デルファイ法による調査結果−. 行動医学研究 20:63-68, 2014

(総説)

宮本せら紀、橋本昌幸、吉内一浩. 血液悪性疾患サバイバーの現状と課題 特に造血幹細胞移植に焦点を当てて. 精神医学 60(5): 501-507, 2018

山崎允宏. セルフモニタリング. 臨床栄養 132(6): 726-731, 2018

山中結加里、橋本昌幸、吉内一浩. 摂食障害のアウトカム測定 (Outcome measures of eating disorders.). 精神科 32(5): 432-436, 2018

吉内一浩、宮本せら紀、平出麻衣子. 総説 摂食障害に対する身体管理と入院治療. 日本医師会雑誌 146(8): 1567-1571, 2017

大谷真. シンポジウム:ストレス関連疾患としての摂食障害 摂食障害と心理社会的因子. 心身医学 57(8): 812-816, 2017

原島沙季、吉内一浩. 消化器症状の緩和ケア. 心身医学 57: 144-151, 2017

原島沙季、新しい心身医学のための研究. 心身医学 57: 354-355, 2017

吉内一浩. サイコオンコロジー領域における国際連携. 心身医学 57: 441-443, 2017

布留川貴也、升田優美子、吉内一浩. ストレス関連疾患の行動医学的病態理解. Modern Physician 36: 915-918, 2016

平出麻衣子、吉内一浩. 循環器心身症. 日本臨牀増刊号 最新冠動脈疾患学上 74 (Suppl 4): 172-176, 2016

吉内一浩. 心療内科医が行動医学コアカリキュラムに寄与する役割. 心身医学 56: 40-45, 2016

平出麻衣子、榧野 真美. 知っておきたい摂食障害の基本 摂食障害の治療. 臨床栄養 127: 901-906, 2015

布留川貴也、大谷真. 再栄養症候群. 臨床栄養 127(7): 922-926, 2015

柴山修. 【『ストローク』と『ディスカウント』-本当の用い方-】 無条件の肯定的なストロークに気づいて自律性を回復した摂食障害の一例. 交流分析研究 40(2): 66-75, 2015

原島沙季、吉内一浩. がん患者の精神症状とサイコオンコロジーによるマネジメントの実際−不安・抑うつ症状、希死念慮など. Depression Strategy 5: 10-13, 2015

吉内一浩. がん医療におけるせん妄のEBM. 心身医学 55:405-409, 2015

柴山修、吉内一浩. 初心者・心理職のための臨床の知 ここがポイント! 病態編(第3回) 胸痛について. 心身医学 55: 884-890, 2015

網谷真理恵、石川善樹、乾明夫、井上茂、島津明人、諏訪茂樹、津田彰、堤明純、坪井康次、中尾陸宏、中山健夫、端詰勝敬、吉内一浩. 医学部教育における行動科学カリキュラムの提案. 医学教育 46: 37-40, 2015

米田良、吉内一浩. ストレスによる多種類の身体反応と治療. JOHNS 31: 272-274, 2015

原島沙季、菊地裕絵、吉内一浩. ストレスの生理学的測定法. JOHNS 31: 279-282, 2015

吉内一浩. 女性がん患者における心のケア. 女性心身医学 19: 171-174, 2014

堀江武、吉内一浩. がん患者の抑うつへの介入効果、再考. 薬物療法. Depression Frontier 12: 9-15, 2014

吉内一浩、久保千春、切池信夫. 食行動障害および摂食障害群. 精神神経学会誌 116: 626-628, 2014

菊地裕絵、吉内一浩. 緊張型頭痛. 医学と薬学 71: 1475-1479, 2014

榧野真美、吉内一浩. 神経性やせ症患者の妊娠出産. 心療内科学会誌 18: 166-169, 2014

稲田修士、吉内一浩. 緩和ケアチームにおける心身医学の役割. 心身医学 54: 53-58, 2014

米田良、大谷真、笠井太郎、田中栄、吉内一浩. 東大病院 内科グランド・ラウンド 第11回 自宅で転倒をして思わぬ大怪我を負った50歳代前半女性. レジデントノート 16(16): 3046-3049, 2014

柴山修、吉内一浩. 食行動の変化に伴う体重減少や体重増加(摂食障害、心療内科). 治療 95: 1834-1838, 2013

稲田修士、吉内一浩. 2型糖尿病に対する携帯情報端末を用いたセルフケアシステムの可能性. 行動医学研究 19: 64-67, 2013

(著書)

原島沙季、吉内一浩. 緩和ケアの留意点. (丸山総一郎編. 「はたらく」を支える! 女性のメンタルヘルス. ) pp.170-176, 2017, 南山堂, 東京

吉内一浩. 心身医学(矢崎義雄総編集. 内科学第11版) pp.57-64, 2017, 朝倉書店, 東京

吉内一浩. 移植患者の心理的サポート. (神田善伸編. みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床.) pp.434-438, 2016, 医薬ジャーナル社, 大阪

吉内一浩. 頭痛. (樋口輝彦、市川宏伸、神庭重信、朝田隆、中込和幸編集. 今日の精神疾患治療指針第2版.) pp.689-694, 2016, 医学書院, 東京

吉内一浩.緩和ケア. (日本行動医学会編. 行動医学テキスト.) pp.204-208, 2015, 中外医学社, 東京

吉内一浩、菊地裕絵. 摂食障害. (医歯薬出版編. 目でみる臨床栄養学UPDATE第2版.)pp.201-208, 2015, 医歯薬出版株式会社, 東京

吉内一浩. 不安症と身体. (貝谷久宣、佐々木司、清水栄司編著. 不安症の事典.)日本評論社, pp35-37, 2015, 東京

大谷真、中原理佳、吉内一浩. 第1章 脳・神経系 1. うつ病・双極性障害.公益財団法人 MR認定センター 監修. MRテキストII 疾病と治療2012臨床 pp.2-8, 2015年改訂. 南山堂, 東京

大谷真、中原理佳、吉内一浩. 第1章 脳・神経系 2. 統合失調症.公益財団法人 MR認定センター 監修. MRテキストII 疾病と治療2012臨床 pp.9-12, 2015年改訂. 南山堂, 東京

吉内一浩、平井啓、明智龍男. コミュニケーション. (日本緩和医療学会編集. 専門家をめざす人のための緩和医療学.) 南江堂, pp.286-294, 2014, 東京

大谷弘行、吉内一浩、明智龍男. 心理的反応. (日本緩和医療学会編集. 専門家をめざす人のための緩和医療学.) 南江堂, pp.278-285, 2014, 東京

福井小紀子、吉内一浩、黒木由里子監修. 看護師のためのマナー・言葉かけ・接し方ハンドブック. ナツメ社, 2014, 東京

(国内学会発表)

吉内一浩. 摂食障害におけるリフィーディング症候群と栄養管理. 第21回兵庫NST研究会. 2018.9.29(大阪)

松田能宣, 前田一石, 森田達也, 所昭宏, 岩瀬哲, 小川朝雄, 吉内一浩. せん妄に対する抗精神病薬投与を受けたがん患者におけるせん妄の改善と消失に関連する直接因子の検討:Phase-Rせん妄研究二次解析. 第31回日本サイコオンコロジー学会総会. 2018.9.21-22(金沢)

吉内一浩. 神経性やせ症患者に対するCBT-Eのエビデンスと本邦での試み(シンポジウム「外来アノレキシア治療、次の一手:最新エビデンスと、さらなる打開策を探る」). 第114回日本精神神経学会会総会. 2018.6.21(神戸)

吉内一浩. 日常生活というブラックボックスを明らかにするための試み(シンポジウム「日常生活というブラックボックスを明らかにする」). 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

堀江武. 心療内科の立場から(シンポジウム「総合診療と心療内科の協働」). 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

平出麻衣子、吉内一浩. CBT-Eが奏功した盗食歴を有する神経性やせ症の一例(シンポジウム「本邦における摂食障害治療のエビデンスの確立に向けて」). 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

宮本せら紀、武藤安澄、辻内優子、辻内琢也、吉内一浩. 自律訓練法と母親の並行カウンセリングによって、片頭痛・過敏性腸症候群(心身症)の改善を認めた不登校女児の一例. 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

山崎允宏、木田史彦、宮本せら紀、平出麻衣子、米田良、原島沙季、堀江武、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 日本人の低体重を伴う摂食障害患者における再栄養症候群のリスク因子の検討. 第59回日本心身医学会総会 2018.6.8-9(名古屋)

野原伸展、稲田修士、大谷 真、吉内一浩. EMI, JITAIによる新たな摂食障害治療の考察と展望 (シンポジウム「日常生活というブラックボックスを明らかにする」). 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

野原伸展、瀧本禎之、稲田修士、大谷 真、吉内一浩. HOT導入後の呼吸困難症状改善にセルフモニタリングと自律訓練法が奏功した1例. 第59回日本心身医学会総会. 2018.6.8-9(名古屋)

吉内一浩. 本当の心療内科をご存知ですか? 内分泌糖尿病と心療内科の関わり. 第29回内分泌糖尿病心理行動研究会. 2018.4.8(大阪)

平出麻衣子. 心療内科におけるエゴグラム応用の実際. 第29回内分泌糖尿病心理行動研究会. 2018.4.8(大阪)

山崎允宏、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 自律訓練法が効果的であった高血圧(心身症)の一例. 第129回日本心身医学会関東地方会. 2018.2.3(東京)

宮本せら紀、山中結加里、野原伸展、樋田紫子、山崎允宏、平出麻衣子、米田良、原島沙季、堀江武、稲田修士、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩. 日本語版FCQ-ED開発の計画. 第129回日本心身医学会関東地方会 2018.2.3(東京)

稲田修士、菊地裕絵、吉内一浩. computerized EMAによる食事摂取量と心理社会的因子の関連の評価. 第24回日本行動医学会学術総会 2017.12.1-2(東京)

山崎允宏 木田史彦、宮本せら紀、平出麻衣子、米田良、原島沙季、堀江武、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 入院中の摂食障害患者における再栄養症候群のリスク因子についての検討. 第24回日本行動医学会学術総会 2017.12.1-2(東京)

吉内一浩. 新・心療内科専門医制度の概要(特別企画「公認心理師および新専門医制度の最新情報」). 第22回日本心療内科学会総会・学術集会 2017.11.12(鹿児島)

宮本せら紀、山崎允宏、樋田紫子、野原伸展、平出麻衣子、米田良、原島紗季、堀江武、稲田修士、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩. 造血幹細胞移植におけるリエゾン活動20年. 第22回日本心療内科学会総会・学術大会 2017.11.11-12(鹿児島)

山崎允宏 稲田修士、大谷真、吉内一浩. Virtual Realityを用いた摂食障害に対する介入研究に関するシステマティックレビュー. 第22回日本心療内科学会総会・学術大会 2017.11.11-12(鹿児島)

野原伸展、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 摂食障害関連 Ecological momentary interventions に関するシステマティックレビュー. 第22回日本心療内科学会総会・学術大会 2017.11.11-12(鹿児島)

大谷真、三井知代、義田俊之、小牧元、吉内一浩. 日本語版Eating Disorders Quality of Life (ED-QOL) の摂食障害患者における信頼性・妥当性の検討. 第21回日本摂食障害学会学術集会 2017.10.21-22(広島)

山崎允宏、木田史彦、宮本せら紀、平出麻衣子、米田良、原島沙季、堀江武、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 低体重を伴う摂食障害患者における再栄養症候群に関連する因子の検討. 第21回日本摂食障害学会学術集会 2017.10.21-22(広島)

吉内一浩. 摂食障害のサインと初期対応. 福岡県摂食障害治療支援センター県民公開講座 2017.10.8(福岡)

平出麻衣子. シンポジウム「摂食障害の診療で他科に何を期待するのか」摂食障害の診療 心療内科の視点から. 第46回日本女性心身医学会学術集会 2017.7.30(東京)

吉内一浩. 本邦における摂食障害患者に対するCBT-E普及のために. (シンポジウム「本邦における摂食障害患者に対するCBT-Eの可能性」) 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

森屋淳子、西村真紀、喜瀬守人、吉内一浩. 家庭医/総合診療医のワーク・エンゲイジメント、仕事への満足度に関する要因について. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

大谷真、三井知代、義田俊之、小牧元、吉内一浩. 日本語版 Eating Disorder Examination Questionnaire(EDE‒Q)の摂食障害患者における信頼性・妥当性の検討. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

稲田修士、菊地裕絵、吉内一浩. 食事摂取量と先行する心理社会的因子の関連: computerized EMAを用いた評価. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

堀江武. 入院CBT-Eに関するエビデンス. (シンポジウム「本邦における摂食障害患者に対するCBT-Eの可能性」) 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

堀江武、平出麻衣子、高倉修、波夛伴和、稲田修士、大谷真、須藤信行、吉内一浩. 日本語版 Clinical Impairment Assessment questionnaire(CIA)の開発. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

平出麻衣子、吉内一浩. 心身医療に活かす最新の「交流分析」: 症例を通じて「交流分析」を正しく理解し、最新のスキルを身につける 日常診療における交流分析の活かし方~摂食障害の一例~. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

平出麻衣子、堀江武、高倉修、波夛伴和、稲田修士、大谷真、須藤信行、吉内一浩. 日本語版 Fear of Food Measures(FOFM)の信頼性・妥当性の検討. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

宮本せら紀、木田史彦、平出麻衣子、原島沙季、米田良、堀江武、稲田修士、大谷真、熊野宏昭、吉内一浩. 栄養療法の補助として CV ポートを造設した神経性やせ症の一例. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

木田史彦、宮本せら紀、堀江武、平出麻衣子、米田良、原島沙季、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 神経性やせ症における入院後早期の栄養摂取と再栄養症候群の関連. 第58回日本心身医学会総会 2017.6.16-17(札幌)

加藤明日香、吉内一浩、藤巻祐子、藤森新、小林由佳、山田朋英、小林正稔、泉田欣彦、鈴木亮、門脇孝. 2型糖尿病患者における病気を含めた自己価値観の維持と促進要因―質的研究法を用いて―. 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017.5.18-19(名古屋)

平出麻衣子、榧野真美、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 精神科入院中に心療内科医として連携を行った神経性やせ症の1症例. 日本心身医学会関東地方会 2017.1.28(東京)

堀江武、平出麻衣子、高倉修、波夛伴和、大谷真、稲田修士、須藤信行、吉内一浩. 日本語版Clinical Impairment Assessment questionnaire(CIA)の信頼性・妥当性の検討:健常者における検討. 第21回日本心療内科学会総会 2016.12.4(奈良)

米田良、平出麻衣子、宮本せら紀、木田史彦、原島沙季、松岡美樹子、稲田修士、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩. 摂食障害治療における院内学級の役割の検討. 第21回日本心療内科学会総会 2016.12.4(奈良)

平出麻衣子、堀江武、高倉修、波夛伴和、稲田修士、大谷真、須藤信行、吉内一浩. 日本語版Fear of Food Measures(FOFM)の開発:健常者における検討. 日本心療内科学会 2016.12.4(奈良)

吉内一浩. 心療内科研究の勧め. (ワークショップ「心療内科臨床研究登竜門」) 第21回日本心療内科学会総会・学術大会 2016.12.3(奈良)

原島沙季. 造血幹細胞移植患者の心理的ケア(シンポジウム). 第29回日本サイコオンコロジー学会総会 2016.9.23(札幌)

堀江武、平出麻衣子、吉内一浩:スーパービジョンを受けながらCBT-Eによる治療を行い、症状が改善した摂食障害の一例. 第20回日本摂食障害学会総会 2016.9.4(東京)

大谷真. 学童期の摂食障害. (シンポジウム2 ライフサイクル)第20回日本摂食障害学会 2016/9/3-4(東京)

宮本せら紀、稲田修士、大谷真、吉内一浩. 統合失調症を合併した神経性やせ症の一例. 第20回日本摂食障害学会学術集会 2016.9.3 (東京)

吉内一浩. 摂食障害のサインと初期対応. 平成28年度東京都健康づくりフォーラム 2016.7.28(東京)

原島沙季、平出麻衣子、布留川貴也、米田良、堀江武、稲田修士、柴山修、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 心療内科医としての覚悟. (ワークショップ(特別企画)) 第57回日本心身医学会総会・学術講演会2016.6.5(仙台)

吉内一浩. サイコオンコロジー領域における国際連携. (シンポジウム「サイコオンコロジー・緩和医療の最先端」) 第57回日本心身医学会総会ならびに学術講演会. 2016.6.4(仙台)

堀江武、吉内一浩:cEMAのためのコンピュータ適応型尺度開発の試み:項目プールの構築. 第57回日本心身医学会総会・学術講演会 2016.6.4(仙台)

平出麻衣子、布留川貴也、米田良、原島沙季、堀江武、大谷真、吉内一浩. 再栄養症候群により心不全を併発した神経性やせ症の一例. 日本内科学会 2016.4.16(東京)

大谷真. 摂食障害と心理社会的因子. (シンポジウム4 ストレス関連疾患としての摂食障害)第57回日本心身医学会総会 2016/6/4-5(仙台)

米田良、平出麻衣子、布留川貴也、原島沙季、堀江武、松岡美樹子、大谷真、榧 野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 入院治療中に院内学級を利用することにより社会 機能の低下を最小限にとどめることができた 神経性やせ症の一例. 日本心身医 学会関東地方会 2016.2.13(東京)

原島沙季、米田良、堀江武、山家典子、稲田修士、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 東京大学医学部附属病院心療内科における初診外来の受診患者の現状. 第19回日本心療内科学会総会 2015.11.30(東京)

米田良、原島沙季、柴山修、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 神経性やせ症の経過中に上腸間膜動脈症候群に伴う心窩部痛等が出現し急性腎不全にまで至った一例. 第19回日本心療内科学会総会 2015.11.29(東京)

堀江武、原島沙季、米田良、平出麻衣子、布留川貴也、小島舞. まだ心療内科に興味を持ってない人たちへアプローチを(パネルディスカッション「若手が考える心療内科とは何か、どう広めるか」). 第20回日本心療内科学会総会 2015.11.22 (盛岡)

柴山修、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 無条件の肯定的なストロークに気づいたことで脚本からの脱却が容易になった神経性過食症の一例. 第20回日本心療内科学会総会 2016.11.22(盛岡)

平出麻衣子. チーム医療における心療内科医の役割(シンポジウム). 日本心療内科学会総会 2015. 11.21(盛岡)

布留川貴也、窪倉正三、平出麻衣子、小島舞、原島沙季、米田良、堀江武、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 摂食障害症例の初診時における罹患期間と受診医療機関数について. 第20回日本心療内科学会総会 2015.11.21(盛岡)

平出麻衣子、原島沙季、布留川貴也、米田良、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 神経性やせ症に低Na血症を合併した50代男性の一例. 第19回日本摂食障害学会学術集会2015.10.24(福岡)

吉内一浩. がん患者の意思決定支援における精神的サポート. (シンポジウム「“がんと生きる”をサポート−意思決定支援の個別化」) 第53回日本がん治療学会学術集会. 2015.10.30(京都)

吉内一浩. 摂食障害のサインを見逃さないために. 宮城県摂食障害治療支援センター市民公開講座. 2015.10.17(仙台)

吉内一浩. EMI開発の取り組み. (シンポジウム「行動医学的新治療を探る」) 第22回日本行動医学会学術総会. 2015.10.17(仙台)

原島沙季、米田良、堀江武、山家典子、稲田修士、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 造血幹細胞移植患者の心理社会的評価尺度に関するシステマティックレビュー. 第56回日本心身医学会総会・学術講演会 2015.6.26(東京)

米田良、原島沙季、堀江武、山家典子、柴山修、稲田修士、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 東京大学医学部附属病院心療内科における神経性やせ症入院患者の年齢・体格の傾向. 第56回日本心身医学会総会 2015.6.26(東京)

堀江武、榧野真美、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩.就職・結婚・妊娠を経て過食嘔吐や薬物乱用そして母親との関係が改善した神経性やせ症の1例. 第126回日本心身医学会関東地方会2015.2.21(東京)

松岡美樹子、原島沙季、米田良、柴山修、大谷真、堀江武、山家典子、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 知能検査の施行が治療方針変更に有用であった神経性過食症の一例. 第125回日本心身医学会関東地方会 2014.10.18(東京)

米田良、原島沙季、荻野恵、堀江武、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 自宅で転倒して50代で大腿骨転子部骨折を来した特定不能の摂食障害患者の一例. 第125回日本心身医学会関東地方会 2014.10.18(東京)

米田良、原島沙季、柴山修、稲田修士、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一 浩. 神経性やせ症の経過中に上腸間膜動脈症候群に伴う心窩部痛等が出現し急性 腎不全にまで至った一例. 日本心療内科学会 2014.11.30(東京)

大谷真. 若手によるパネルディスカッション−次世代の心療内科へ向けて. (パネルディスカッション)第19回日本心療内科学会総会 2014/11/29-30(東京)

米田良、原島沙季、荻野恵、堀江武、大谷真、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 自宅で転倒して50代で大腿骨転子部骨折を来した特定不能の摂食障害患者の一 例. 日本心身医学会関東地方会 2014.10.28(東京)

大谷真. 脳画像による効果の検討. (シンポジウムII 精神医療におけるマインドフルネス)日本マインドフルネス学会第1回大会 2014/10/26-27(東京)

原島沙季、柴山修、大谷真、米田良、堀江武、山家典子、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩. 気管支喘息のステロイド治療を契機に過食、血糖コントロールが悪化し、糖尿病性ケトアシドーシスに至った神経性過食症の一例. 第18回日本摂食障害学会学術集会 2014.9.13(大阪)

柴山修、大谷真、瀧本禎之、吉内一浩. 職場と母親に対する時とで人格適応タイプを変化させていた転換性障害の一例. 日本交流分析学会第39回学術大会 2014.9.13(高松)

柳元伸太郎、柴山修、辻省次、山本一彦. スマートフォンを利用した音声に基づく気分情報の取得とストレスコーピングへの可能性. 第52回全国大学保健管理研究集会 2014.9.3-4(東京)

稲田修士、坂田尚子、海津未希子、櫻町円香、金井良晃、中川恵一、吉内一浩:リラクセーション法が関係維持に有効であった終末期重症心不全患者の一例. 第124回日本心身医学会関東地方会2014.3.15(東京)

柴山修、堀江武、樋口裕二、石澤哲郎、榧野真美、瀧本禎之、吉内一浩、赤林朗. SSRIと認知行動療法の併用療法が著効した強迫性障害を主たる病態とした特定不能の摂食障害の一例. 第124回日本心身医学会関東地方会 2014.3.15 (東京)

堀江武、吉内一浩、瀧本禎之、榧野真美、赤林朗. 造血幹細胞移植患者の抑うつに関与する生物心理社会的危険因子の検討. 第26回日本サイコオンコロジー学会総会 2013.9.20(大阪)

(その他)

吉内一浩.国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 第16回 摂食障害治療研修講師 「身体合併症・身体的管理」

堀江武. ステージ1 (体重、体重測定、体重への懸念と心理教育、規則正しい食生活), ステージ2. 第1回神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E研修会 2018.7.29(東京)

平出麻衣子. ステージ3 (摂食抑制、出来事・気分・食行動、思考様式). 第1回神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E研修会 2018.7.29(東京)

吉内一浩. 食行動の異常を伴う疾患:摂食障害を中心に. 東京大学南京リベラルアーツ学生交流プログラム 南京大学集中講義 2018.3.22-23(南京、中国)

堀江武. 食行動変容への応用を目指したコンピュータ適応型心理評価法の開発 . 第4回内科学専攻大学院生セミナー 2018.2.24

原島沙季. 同種造血幹細胞移植における心理社会的因子と生存期間との関連. 第3回内科学専攻大学院セミナー 2017.2.25

堀江武. 日常生活下というブラックボックスへのアプローチ:EMAによるコンピュータ適応型尺度開発の試み. 第2回内科学専攻大学院生セミナー 2016.2.20

山家典子. 高齢者における心理社会的因子と、冠動脈疾患、脳血管障害および全死亡との関連の評価. 第1回内科学専攻大学院生セミナー 2016.2.14